将来が不安な派遣の仕事

自毛植毛の3つの方法とは?

髪の薄毛や抜け毛を解消する最終手段として、植毛を考えてみてはいかがですか。最近は、自分自身の毛を移植する自毛植毛をおこなう人が増えてきているのです。実際に自分の一部を使うので、拒絶反応が起こらないとして人気なのです。

 

自毛植毛の方法は3つの種類があります。まずニードル植毛という方法で韓国で発明された方法です。専用の植毛の針を使って、植え付けと穴あけを一緒にする方法になります。同時におこなえるので時短になると同時に、跡が目立ちにくいメリットがありますが、範囲に限りがあります。わかりやすい植毛に関する疑問を徹底的に解説!でご覧ください。

 

また、ストリップ法という方法もあります。これは採取しスリットを作り、移植という3ステップに別れておこなう方法で、比較的安い料金で施術ができ時間も短いという利点がありますが、少々痛みを感じる場合があります。さらにダイレクト法という植毛方法があります。採取してホールを作り、移植するという工程でおこないます。ストリップ法と違ってメスを使用しないので、痛みが少なく傷跡も目立たないという特徴があります。